6月12日(日)例会報告

◎6月12(日)品川区第二集会所(和室)21名参加

1. 田島孝子氏ー現在の日中友好の動きについて

2. 壱岐一郎先生ー邪馬台国九州広域説(17連立方程式)

1976~2022総括

3. 平山牧人(当会会長)ー<最新邪馬台国論>

畿内説に続いて九州説も誤りだー
邪馬台国二大説誤り説 日本初の証明をするー

要点:

①倭人伝の女王国とは<本州>の表現でないか?

②投馬国とは<丹波>でないか?

③古代奈良とは都祁国の事で都祁は邪馬台国の時代<トキ>と言われていた。故に倭人伝<都支国>とは都祁国の事である。隣の<伊邪国>は伊勢に同じ。<斯馬国>は三重に同じ。つまり奈良は表現されている以上、邪馬台国畿内説は99%有得ない。

④女王国は本州であった時、九州説は99%有得ない。

⑤箸墓古墳は男王の可能性濃い。卑弥呼・伊与・やまととももそひめ論は間違いか?崇神天皇が被葬者か?箸墓古墳の中心軸は<ゆっき岳・初瀬山>を向いており三輪山とは全く無関係。三輪山伝承は古代日向伝承を移入させてたもの。

⑥箸墓古墳(大型古墳)は266年西晋の郊祁の儀式を見た和人の報告より模倣して作られたものとする寺沢氏の指摘に同意する。紀の中の<田島守>がその倭人ではないか。

⑦布留式・庄内式とは吉備式土器の新式・亜種でないのか。古代大阪(河内)とは吉備の半植民地でないのか?大阪と奈良は古代連携していない。つまり邪馬台国の時代<畿内国>は存在していなかった。邪馬台国畿内説は全くの100%の誤りであろう。

*7月の予定

平山牧人講演 7月16日(土)14~17 日中古代の会主催

保土谷駅前愛心会(HRCビル3Fホール)会費千円
TEL 045-333-3208 受付HRCビル1F「高輪」
①最新邪馬台国研究報告
②最新の日中友好運動を考える


*9月3・4日 岡山市蔭凉寺にて「第3回 定説への叛乱シンポジウム」
主催者は当会呼びかけ人は平山牧人
(詳細は7月15日頃発表)
詳しい内容は7月15日頃掲載


9月末(東京)発表会予定テーマ「日本書紀はこんなにデタラメだった」
11月発表会予定「畿内説を打倒しようー九州・吉備国連合で」

◎邪馬台国の真相を知りたい方は当会参加へ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました